2014年の最大のセキュリティ侵害

2014年の最大のセキュリティ侵害


昨年、膨大な数の大規模なデータ侵害が発生しました。データを安全に保ち、パスワードを安全に保つことがいかに重要であるかを示しています。昨年の違反を見てみましょう!

iCloud – 100年代の有名人、8月

大規模な違反ではありませんが、「Fappening」はマスコミで多くの注目を集めました。 AppleのiCloudサービスが非常に標的を絞った攻撃で侵害されたため、数百の有名人のヌード写真が流出しました。アカウントはフィッシングによって侵害されたと考えられていますが、それはまだ明確ではありません。ただし、1つ確かなことは、セキュリティを強化するために、プライベートアカウントにログインするときに2要素認証の使用を開始することです。!

ソニーピクチャーズ– 1,000人の従業員、11月

最近ソニーピクチャーズがハッキングされたため、非常に機密性の高い企業データが大量に漏洩しました。数万人の従業員に関する個人情報が漏らされ、さらに5本の未公開の大ヒット映画、金融、ウェブサービス、ソーシャルメディアアカウントへのログイン認証情報が漏えいしました。これは一般大衆に脅威を与えるものではありませんが、従業員からの訴訟に直面しているソニーにとっては巨大なPRスキャンダルです–それを解決するために会社に数百万ドルの費用がかかるはずです。.

米国郵政公社– 800,000人の従業員、290万人の顧客、11月に開示

郵便サービスが2014年に「いつか」ハッキングされたため、約290万人の顧客とUSPSの80万人の従業員が情報を侵害されました。セキュリティ部門が発見するのに数週間かかった非常に高度なハッキングでした。幸い、違反後の個人情報の盗難の事例はないようです.

Snapchat – 1月の460万人のユーザー名と電話番号

匿名のメッセージングアプリSnapchatは、以前考えられていたよりも匿名性が低いことがわかりました。今年はサービスの侵害がいくつかありましたが、最悪の事態は1月に460万のユーザー名と電話番号が侵害されたときでした。また、10月には「スナップ」が行われ、何千ものプライベート写真やビデオが公開されました。ですから、これらの「匿名サービス」に何を投稿するかに注意してください。そうしないと、15分間の恥を感じるかもしれません。!

Google – 500万ユーザー、9月

500万人近くのGmailユーザーのユーザー名とパスワードがロシアのビットコインフォーラムで流出しました。認証情報が安全でない別のソースから盗まれた可能性があるため、Googleが侵害されたかどうかは不明です。これは、安全な英数字のパスワードと、アカウントごとに異なるパスワードを使用することがいかに重要であるかを証明するだけです。.

ホームデポ– 5600万人のカード所有者、9月

小売業者の最大の違反と呼ばれるホームデポの違反は、5600万人のカード所有者のアカウント情報の違反を残しました。マルウェアは、小売業者の支払い記録に違反するように特別に設計されました。ありがたいことに、影響を受けたホームデポショップのいずれかでクレジットカードまたはデビットカードで支払いを行ったすべてのクライアントに対して、同社は無料のクレジット監視とID保護を提供しました.

JPモーガン– 7600万世帯、700万中小企業、10月

銀行JPモルガンチェースでの違反 & Coは、これまでで最大のデータ侵害の1つとしてダウンしています。ハッカーが会社のITシステムにアクセスしたため、8,300万アカウントの名前、住所、電話番号、メールアドレスが漏洩しました。声明の中で、銀行は口座番号、パスワード、SSN、または生年月日が漏洩していないことを明らかにしました.

eBay – 1億4500万のユーザー名とパスワード、3月

オークションサイトのすべてのメンバーがログイン認証情報に違反したため、これは厄介な問題でした。さらに、会社は時間内にユーザーに通知せず、パスワードをリセットするようにユーザーに要求しなかったため、問題はさらに悪化しました.

今後の展望

特にクライアントまたは従業員が違反した会社に対して訴訟を起こす場合、通常、これらの違反を解決するのにしばらく時間がかかります。たとえば、昨年の目標違反では、2014年半ばまでに1億4,800万ドル以上の費用がかかると見積もられています.

それでは、自分と会社のデータを保護するために何ができるでしょうか?基本をいくつか見ていきましょう。まず、頻繁に変更する安全な英数字のパスワードを使用し、複数のアカウントに同じパスワードを使用しないでください。次に、常にマルウェア対策を使用し、常に最新の状態に保ち、毎日実行するようにします。最後に、オフィスの外や外出先で作業しているときは、常にVPNに接続して、すべての送受信データを暗号化して、誰からも傍受できないようにします。 VPNを使用していない場合、セキュリティで保護されていないホットスポットであれば、すべてのデータがプレーンテキストで送信されるため、同じWiFiで他のユーザーが取得できます!

今すぐSaferVPNを無料でお試しください。または、企業のVPNセキュリティソリューションに関心がある場合は、お問い合わせください.

Kim Martin Administrator
Sorry! The Author has not filled his profile.
follow me
    Like this post? Please share to your friends:
    Adblock
    detector
    map