中性脂肪 アルコール

ワインで中性脂肪が下がる?噂は本当か検証!ワインに合うおつまみも!

更新日:

15,022人がこのページを参考にしています。

中性脂肪 ワイン

ワインは体にいいと有名ですよね。
中性脂肪を減らす効果があるとも言うし、体にいいならお酒を飲むときにワインを飲みたいです。

でも飲む量やワインの種類、本当に中性脂肪を減らす効果があるのかなどは謎です。
そこでワインについて調べたので紹介していきますね。

メリットやデメリットも含めてワインと中性脂肪のことについて書いていきますよ。
ワインが好きな人も普段はあんまり飲まない人も読んでみてくださいね。

ワインで中性脂肪が増える?実はデメリットもある

1.中性脂肪に効果があるのは赤ワイン

ワインには大きく分けると赤と白がありますよね。

同じワインでも赤は苦手という人もけっこういます。

白はサラッとしているので飲みやすいですが、残念ながら中性脂肪を下げるといわれているのは赤ワインなのです。

2.飲みすぎると中性脂肪が増える

やっぱりお酒はどれだけ飲んでもいいというわけじゃないのです。

男性ならコップ2杯、女性ならコップ1杯以上は飲みすぎになるので、この量を越えている人も多いですよね。

3.アルコールに弱い人はリスクもある

中性脂肪とはつまり、内臓に脂肪がたまっているということですよね。

お酒に弱いとアルコールをあまり分解できないので、肝臓がうまく働かずにろ過できないということがあるのです。

すると代謝できないから中性脂肪になってしまうのです。

ワインで中性脂肪が減る?ワインを飲むメリット

1.赤ワインには中性脂肪が減る効果がある

ワインで中性脂肪が減るといわれているのは、ポリフェノールが入っているからです。

お酒の中でも一番効果が高いと言われているので、お酒が好きな人にはもってこいですね。

2.睡眠の質があがるから中性脂肪が増えにくい

お酒を飲むとぐっすり眠れますよね。

睡眠の質がいいと中性脂肪は増えにくくなるので、寝る前に適量を飲むといいですよ。

寝ているときに分泌される成長ホルモンは脂肪を分解する嬉しい働きがあったのです。

3.体が暖たまるから脂肪をためにくい

寒いと体は脂肪をため込みますよね。

でもワインを飲むと体が温かくなるので、脂肪をため込みにくくなりますよ。

冬は太りやすい仕組みと同じですね。

ワインを飲む量も大事!1日の適量

1.適量は男性と女性で違う

男性と女性とは体のつくりが違うので、女性の方が適量は少なくなっていますよ。

女性なら一般的なグラスに少な目~普通の量で1杯、男性なら2杯が適量です。

2.適量はお酒が強いか弱いかでも違う

お酒が弱いとすぐに顔が赤くなってしまいますよね。

そんな人はもっと量を減らした方がいいですよ。

飲むとしんどくなってしまうし、アルコール分解の力が弱いので適量の半分にするといいかもしれませんね。

3.体調が悪い日は飲まない

いくら中性脂肪に効果があるとは言っても体調が悪いときは飲まない方がいいですよ。

「飲めば中性脂肪が絶対に減る!」ということでもないから無理は止めましょうね。毎日飲まなくてもいいですよ。

中性脂肪に気をつけたいなら!ワインに合うおつまみ

1.サバの焦がし醤油

まずサバの骨を取って、下ごしらえしておきます。

後は両面を焼いてアスパラを入れて醤油をかけていくだけという簡単なおつまみですよ。

サバの脂とワインが良くあう1品です。でも飲みすぎないようにしてくださいね。

https://cookpad.com/recipe/5078143

2.ブロッコリーのサバゆず胡椒

これは鯖缶とブロッコリーにゆず胡椒などを混ぜて作る簡単おつまみですよ。

ゆずがさっぱりしているのでワインともよく合いますね。

ゆずの風味と醤油が食欲そそる1品です。

他に野菜を混ぜても健康的でいいし、アレンジもききやすいメニューです。

https://cookpad.com/recipe/4549091

3.イタリアン鯖チーズ

これは鯖缶にチーズを似せてチンする簡単おつまみですよ。

チリパウダーをかけてトマトを乗せるとチーズとの相性が良くてパクパク食べられます。

数分で作れるので「何かないかな」というときに便利です。

https://cookpad.com/recipe/5096573

ワインを飲みすぎるデメリット!中性脂肪だけじゃない!

1.アルコールが強い

ワインはけっこうアルコール度数が強いですよね。

飲みやすいので飲みすぎてしまうことがあるので注意です。

アルコールなので毎日飲んでいると最悪アルコール依存症になることもありますよ。

2.肝臓に負担をかけてしまう

適量なら健康にいいといわれていますが、適量を越えると肝臓に負担がかかってしまうので注意してくださいね。

脂肪肝や肝臓の病気のリスクが高くなるので気をつけないと健康どころか病気になってしまいますよ。

3.肌が劣化することもある

アルコールが体に入ると、アルコールを薄めようと体の中の水分が使われるのです。

つまり恐ろしいことに、飲みすぎると肌が乾燥してしまうのです。

乾燥は美肌の大敵なので気をつけましょうね。

ワインを飲みすぎが原因かも!中性脂肪が増えたときにできること

ワインは美味しいのでつい飲みすぎてしまうことがあります。

飲みすぎて中性脂肪が増えてしまうと悲しいですが、そんなときには「大正DHA・EPAサプリ」がおすすめですよ。

大正dha

🔗大正製薬株式会社 www.taisho-direct.jp/

+ 大正DHA・EPAサプリがおすすめの理由

魚は体にいいと言われていますが、まさにその「魚のいい所」を詰め込んだようなサプリです。

必須脂肪酸のDHAとEPAが体の中をサラサラにして元気にしてくれると評判ですよ。

DHAとEPAは中性脂肪を下げる成分として有名なので、「飲みすぎてヤバイ!」という人にもピッタリですよ。

飲みやすいサプリタイプで、1回ごとに個包装しているから持ち運びにも便利ですね。

飲みすぎは良くないけど飲んでしまったものは仕方ないので、便利なサプリも併用していきましょう。

  • DHAを400mg、EPAを200mgも配合!
  • 定期コースは初回76%オフ
  • 個包装になっているから便利

「魚系のサプリメントは生臭いものが多かったですが、このサプリは臭いません。飲みこんでからも嫌な臭いがしないのでいいですね。接客の仕事をしているので臭いには気をつけているので、臭いはサプリを選ぶ大事なポイントです」

「飲み初めて4ヶ月くらい経ったころに健康診断がありました。以前はコレステロールや中性脂肪が気になっていたのですが、数値が下がっていたので感動ものでした。今では妻にもすすめて一緒に飲んでいます」

「仕事の付き合いが多く、お酒を飲む機会がよくあります。上司の接待などで無理矢理たくさん飲むこともあります。まだ飲みはじめたばかりですが、なんとなく体の調子がいい気がしているので飲み続けていきたいです」

中性脂肪サプリ

中性脂肪に気をつけたいなら!おすすめのワイン

1.ポリフェノールたっぷりワイン

ポリフェノールが通常の2倍含まれているワインです。

しかも糖類がゼロとなっている嬉しいワインです。ただし糖質ではなくて糖類がゼロなのでそれだけは勘違いしないようにしてくださいね。

🔗https://www.amazon.co.jp/

2.おいしいポリフェノールワイン

ワインはアルコール度数が高いものが多いですが、このワインはアルコールが5%なので飲みやすいですよ。

アルコールが苦手な人におすすめできるワインですね。ポロフェノールはしっかり入っているので安心してくださいね。

🔗https://www.amazon.co.jp/

3.おいしさアップワイン

1800mlの大容量なので長持ちしてくれるワインです。

ポリフェノールも100mlあたり185mg入っているのでしっかり体に入れることができますよ。

🔗https://www.amazon.co.jp/

ワインは適量飲むと中性脂肪に効果がある!

赤ワインにはポリフェノールが含まれているので、適量を飲むと体にいいですよ。

もちろんワインではなくてもポリフェノールが含まれている飲み物はありますが、どうせお酒を飲むなら少しでも健康にいい方がいいですよね。

ただ飲みすぎると体に良くないので、適量を飲むようにしてくださいね。

女性ならコップ1杯くらい、男性ならコップ2杯が目安となっていますよ。

お酒に弱い自覚があるならもっと量を減らしてもいいので、体調にも合わせて飲むといいですよ。

ワインだけじゃなく飲みすぎや食べすぎは体に良くないので、適量を飲んで中性脂肪を減らすサポートをしていきましょうね。

自分に合ったワイン選びをしたり、サプリをプラスしたりすると更にいいですよ。

中性脂肪 下げる サプリ

-中性脂肪 アルコール

Copyright© 中性脂肪を下げるサプリ人気おすすめランキングと効果・副作用の口コミ , 2018 All Rights Reserved.