中性脂肪のコラム

中性脂肪を減らすには運動も重要!5つの運動のメリット

更新日:

"健康診断で中性脂肪の数値が高くて、何か対策したいとお悩みの方も多いですよね。
食事を改善するのも大事ですが、同時進行で適度な運動をするのも大切なんです。
ずっと運動してこなかった人にとっては、ちょっと運動するだけでも辛く感じてしまいますし、どんな運動が中性脂肪を減らすのいいのかわからない人もいます。
そこで、運動と中性脂肪の関係やどんな運動が役立ってくれるのか、普段運動しない人でも取り組みやすい方法などを紹介しましょう。

運動不足で中性脂肪が増えてしまう

中性脂肪は体を動かすエネルギーとして必要なものなんですが、余った分は脂肪として体に蓄えられてしまいます。
今の時代は家電やパソコンなど便利なものに囲まれていて、体を動かす機会がグンと減っています。
意識して運動しないと使われるエネルギーが減ってしまって、中性脂肪が増えやすいんですね。
加齢によって使われるエネルギーが減っている上、運動不足だと余計に中性脂肪が増えてしまって、それだけ生活習慣病のリスクも高くなってしまいます。
内臓脂肪や皮下脂肪が増えてメタボになったり、血液がドロドロになって血管が詰まりやすくなるなど、健康に色んな悪影響を与えてしまいます。
特に中高年になってくると体の代謝も低下しますし筋肉も衰えてきますから、元気な体を保つためにも適度な運動が必要なんです。

筋肉量を増やして中性脂肪を使われやすくする

年齢を重ねると筋肉も衰えてきて筋肉量が減って代謝が落ち、中性脂肪も増えやすくなります。
心臓を動かしたり呼吸したりなど、何もしなくても消費されるエネルギーのことを基礎代謝と言います。
筋肉量が多いほど基礎代謝も増えますから、中性脂肪がたまりにくくなるんです。
運動して筋肉を付けてあげれば、中性脂肪を減らすことができますし、加齢による筋肉の衰えを防ぐことができます。
健康にいいだけじゃなくダイエットにもなりますから、内臓脂肪や皮下脂肪も減らしてくれて中年太り予防にもいいんです。
余分な脂肪をため込まなくなり、生活習慣病の予防にもなりますね。

有酸素運動と無酸素運動のどっちが効果的なの?

中性脂肪を減らすには、運動をして脂肪をエネルギーとして使ってしまうのが一番ですね。
運動には主にウォーキングやヨガなどの体に負担が少ない有酸素運動と、筋トレのようなハードな無酸素運動の2種類あります。
ゆっくりとした動きで体に負荷がかかりにくい有酸素運動は、脂肪を燃焼してエネルギーとして使われやすくしてくれます。
無酸素運動は中性脂肪をたまりにくくするのに役立ってくれて、筋肉量を増やして基礎代謝を高めてくれるんです。
両方バランスよく取り入れることで、脂肪を減らしてたまりにくくしてくれるんですね。
皮下脂肪や内臓脂肪が気になっているなら有酸素運動メイン、太るのを予防したいなら無酸素運動メインにして、両方ともやるのがベストなんです。

心がリラックスして脂肪を減らせるヨガ

ヨガはゆったりとした腹式呼吸と共に、ポーズを取っていく有酸素運動です。
ハードな運動じゃありませんから、どんな人でも取り組みやすいのが魅力ですね。
体に負荷がかからないですし動きがゆっくりなのに、しっかり中性脂肪を燃やしてくれるんです。
運動が苦手な人でも始めやすいですし、肩こりや腰痛などの体の不調を緩和するのにも役立ってくれます。
色んなポーズを取ることで体幹が鍛えられますから、筋肉を増やして代謝を高める働きもあります。
脂肪燃焼効果と代謝アップ効果で、中性脂肪をバンバン減らしてくれるんです。
呼吸法とポーズとの組み合わせはリラックス効果がありますから、ストレス解消にもぴったりです。
今はジムやヨガ教室もいっぱいありますし、初心者コースから上級者コースまでレベルもそろっています。
まずは体験コースを受けてみて、ここなら続けられるという教室で始めてみましょう。

誰でもすぐに始められるウォーキング

有酸素運動の定番がウォーキングですね。
動きやすい服装とシューズさえあれば、誰でもすぐに始められてしまいます。
ただ歩くだけなのに脂肪燃焼効果に優れていて、中性脂肪をどんどん減らしてくれます。
脂肪が燃え始めるのは20分以上経ってからなので、1日20分以上のウォーキングを取り入れるようにしましょう。
1回20分でなくてもいいので朝晩10分ずつなど、ライフスタイルに合わせて無理なく取り入れていくのがおすすめです。
ちょっと息が弾むくらいのペースで、腕を大きく振りながらウォーキングするのがポイントです。
お腹やお尻をキュっと引き締めながらウォーキングすると、シェイプアップ効果も高くなってくれます。

筋肉量を増やすスクワット

中性脂肪を下げるには筋肉量を増やして基礎代謝を高めるのが効果的なんです。
それに向いているのがスクワットで、太ももやヒップ、お腹などの下半身の筋肉を鍛えるのに最適です。
ゆっくりしたスロースクワットは脂肪もしっかり燃やしてくれますから、中性脂肪を減らしながら筋肉も一緒に鍛えらるダブルの効果があるんですね。
30代からは年々1%ずつ筋肉量が減っていきますから、筋肉の衰えを防いで元気な足腰を維持するのにも役立ってくれるんです。
太ももには大きな筋肉がありますから、スクワットで鍛えてあげると効率的に筋肉量を増やしていけます。
部屋の中でできる運動でどんな格好でも大丈夫ですから、気軽に取り組みやすいですね。
ひざに負荷をかけないためにも、足を曲げる時にひざがつま先より先に出ないように注意しましょう。
お尻を後ろに突き出すような感じで足を曲げてあげるのがコツですね。

効率よく中性脂肪を減らせるジョギング

有酸素運動の代表でもあるのがジョギングです。
ウォーキングよりもカロリー消費が多い分、中性脂肪がエネルギーとして使われやすくなりますから、効率よく脂肪を減らしていけます。
息が上がって苦しいジョギングはかえって逆効果ですから、じんわりと汗をかくくらいで人と会話できる程度の余裕があるスピードでやるのがポイントですね。
ゆったりペースのスロージョギングが一番脂肪を減らしてくれて、ウォーキング同様20分以上で中性脂肪がメラメラと燃え始めてきます。
姿勢が悪くならないようにしっかり背筋を伸ばしてあごを引いて、腕を大きく振るように心がけましょう。
怪我や体の故障をしないように、準備運動とクールダウンのためのストレッチなどもしっかりやりましょう。

自転車に乗って中性脂肪を減らそう

自転車も立派な有酸素運動なんです。
ウォーキングやジョギングのように地面を蹴る必要がありませんから、ひざに負担がかかりにくいのが特徴ですね。
自転車をこいでいるうちに中性脂肪がどんどんエネルギーとして燃えてくれるんです。
太ももなどの筋肉を鍛える効果もありますから、筋肉の衰えを防いで代謝を高めるのにも効果的です。
可能なら自転車通勤に変えてみたり、遠くのスーパーまで自転車で買い物に行くなど、自転車に乗る時間を作ってみましょう。
運動する時間をわざわざ作らなくても、生活の一部として自転車は取り入れやすいですね。
体重を自転車が支えてくれますから、足腰にも負担がかかりにくくて普段運動していない人でも疲れにくいんです。
風を受けて自転車で走ると気持ちいいですし、ストレス解消にもなります。

健康維持にもなる適度な運動で中性脂肪対策

健康のためには適度な運動は欠かせないんです。
特に体の衰えが始まってくる30代以降からは筋肉も減ってきますし、体の色んな機能が低下してきます。
中性脂肪がたまりやすくなるのもその1つですから、運動でエネルギーとして中性脂肪を燃やしてしまうのが一番なんですね。
脂肪をバンバン燃やしてくれる有酸素運動、中性脂肪が増えにくくなる無酸素運動の両方とも効果があります。
適度な運動をして中性脂肪を下げるためには、コツコツ継続させることが大事ですね。
3日坊主にならないためにも、無理なく行えて楽しくできる運動がベストです。
最初は短時間からでもいいので毎日運動する習慣を付けて、中性脂肪対策を行っていきましょう。

 中性脂肪 下げる サプリ 人気

-中性脂肪のコラム

Copyright© 中性脂肪を下げるサプリのおすすめ人気ランキング2018|中性脂肪 減らし方 , 2018 All Rights Reserved.