中性脂肪 アルコール

ハイボールと上手く付き合い中性脂肪を改善していこう

更新日:

15,016人がこのページを参考にしています。

中性脂肪 ハイボール

ハイボールと中性脂肪の関係性!

中性脂肪はある大人の年齢を超えるとどうしても増えてしまいます。

それはお酒が飲めるようになる20歳を超えた時期です。

お酒はどうしても中性脂肪を増やしてしまいます。

それは酒に含まれるアルコールが中性脂肪を高めてしまう作用があるからで、こうしてお酒を飲んでいると中性脂肪が増えて生活に様々な影響をもたらすのです。

ですがお酒の中にも中性脂肪と深い関わりのあるお酒があるのです。

それはハイボール・ウイスキーです。なのでしっかりハイボールと中性脂肪との関係性などをしっかり理解して、楽しくお酒を飲めるようになりましょう。

ハイボールが中性脂肪に及ぼすデメリット

1.ハイボールが残るデメリット

ハイボールはお酒です。どうしてもアルコールが含まれていますので太りやすい原因です。

それはアルコールを摂取している際に食事をしているものが、アルコールが原因で消化されずに残ってしまい、中性脂肪などに影響をもたらしてしまうのです。

なのでハイボールを飲んでいるときは食欲旺盛になりやすいです。

そうすると中々消費できない環境で多く食べてしまい中性脂肪に悪い影響を及ぼしてしまうのです。

2.ハイボールの飲み過ぎは悪影響

またハイボールを多く飲み過ぎてしまうと、肝臓での中性脂肪が促進させられ、血液中の中性脂肪も増

加してしまいます。飲み過ぎてアルコールが強すぎてしまうと肝臓に多く働かなくてはいけない状況を作っていまい、正しく消費できなくなるので、さらに中性脂肪を引き上げてしまいます。

ハイボールが中性脂肪に対するメリット

糖質が含まれていない

中性脂肪には密接な関係を持つものがあり、それは糖質なのです。

糖質は中性脂肪に悪い影響を与えます。ですが適切な食事などでは悪い影響は無いのです。

ですが食べ過ぎたり、飲酒では糖質を多く摂ってしまう原因になってしまうのです。

そんな中でハイボールには糖質が含まれていません。なのでハイボールそのものでは中性脂肪に影響を与えないのです。しっかり維持することができるのです。

ハイボールのポリフェノール

ハイボールの作り方に良い点が含まれています。

ハイボールは元々ウイスキーに炭酸と氷を入れたものになります。そのウイスキーに良い点があるのです。

ウイスキーにはポリフェノールの成分が含まれています。

ポリフェノールには中性脂肪の吸収を抑えてくれますので効果的なのです。

またカテキンなども同時に摂ることで中性脂肪の燃焼にも効果が出てきますので魅力的なのです。

中性脂肪を減らすハイボールの一日の摂取量

ハイボールの体に効果がでる適量

ハイボールは元々ウイスキーに炭酸を入れているので量にはばらつきがありますが、ウイスキー量でおよそ60~80mlです。

ハイボールはウイスキー量が40前後の量で入っていまので、ハイボールでおよそ1.5杯~2杯が目安になります。

そうすることでアルコールを摂り過ぎずに最適なポリフェノールを摂ることができるのです。

摂取量の注意点

ハイボールにポリフェノールが含まれていて、適量がありますがしっかり注意しなくてはいけません。

例えばお酒が強い人弱い人がいますので、弱い人はアルコールが回らない程度が適量です。

ハイボールやポリフェノールの適量にしてしまうと、酔いが強くなってしまい、アルコールによって中性脂肪に悪影響を出してしまいます。

また体調によって合わせたりすることも大切です。

体調が良くない日に飲んでしまってはそれも悪影響がでるのです。

そして、しっかり肝臓を休ませる日を作ることです。

適量であっても毎日では肝臓が疲れてしまいます。そうすることで中性脂肪が高くなってしまうのです。

中性脂肪を減らすハイボールのおつまみ

ラム肉のガーリック(ニンニク)焼き

ラム肉のガーリック(ニンニク)焼きには2つの中性脂肪を減らすポイントがあります。それはニンニクと中性脂肪です。

ニンニクにはアリインとアリシンが含まれていて、脂肪燃焼を促進したり、血液をサラサラにして中性脂肪を下げてくれるのです。

またラム肉にも脂肪分が少ないため、普通のお肉より中性脂肪になりにくい特徴がるのです。
それらを同時に摂ることができて、おつまみになるのは魅力的です。

https://cookpad.com/recipe/5159734

鰯の煮つけ

鰯には中性脂肪を低下させるのに効果的なEPAが含まれています。

血液などもしっかり改善してくれて動脈硬化も改善してくれますので、中性脂肪だけでなく一石二鳥なのです。

https://cookpad.com/recipe/5161579

中性脂肪以外にもあるハイボールの飲み過ぎで起こる様々な悪影響 とは

肝機能の低下

ハイボールの飲み過ぎによって肝臓に大きな負担がかかってしまいます。

肝臓はアルコールなどを消費するのに大きなエネルギーを使わなければいけませんので、普段より大きな力を使ってしまうのです。

そうすることで肝機能も低下してしていしまうのです。

生活における支障

ハイボールを飲み過ぎるとどうしてもアルコールも取りすぎてしまします。

そうなると、体のだるさや肩こりや消化不良や活力低下などになってしまい、仕事への活力がでなくなり集中力がなくなる事もあります。

また肩こりや首こりから頭痛などを引き起こすこともあり、日常生活でも行動がとりにくくなるのです。

また消化不良や胸やけなども起きてしまうので、生活のあらゆる場面で支障を出してしまうのです。

ハイボールの飲み過ぎで中性脂肪が増えたときの対処法

サプリで対応する場合のおすすめ

大正DHA・EPA

🔗大正製薬株式会社 www.taisho-direct.jp/

1回分ごとに小分けになっているのと粒の大きさが飲みやすかったのでとても便利でした。また多くの人がネットで良い評価でしたので安心して飲むことができました。

魚の物が使われていることから臭いが気になりましたが、特にありませんでした。国産ということもあり有名な会社で信頼することもでき、効果も実感ができコスパも良く感じました。

飲み始めましたがあまり効果を実感することができませんでした。この効果であれば海外の物であったり、もっと安い物があると感じました。そちらにしようと思いました。

中性脂肪を減らすおすすめハイボール・ウイスキー

BOX クエルクス1クローバー

ポリフェノールには中性脂肪の吸収を抑えてくれる成分でBOXクエルクス1クローバーにはポリフェノールが含まれています。

また製法としてはコモンオーク樽で作られていて、コモンオークには多くのポリフェノールが含まれていますので、そこから少しづつ配合されていくので、
通常のウイスキーより多くポリフェノールを飲み吸収して、中性脂肪に改善をもたらしてくれるのです。

http://www.graveyard-of-malts-blaaaack.com/c-item-detail?ic=000003421

中性脂肪とハイボールのまとめ

このようにハイボールには他のアルコール類とは違う効果を多く持っているんです。

その効果から多くの悩みをもたらす中性脂肪を改善することができるのです。

しっかりハイボールの事を知り、メリットやデメリット、摂取量や効果的なおつまみなど、理解することでより効果的な生活を送ることができるのです。

またハイボールと上手な関係で飲むことによって、中性脂肪とも上手く付き合っていくことができます。

そして、病気にもなりにくく、生活に支障がでない生活や、さまざまな悩みの改善を手に入れることができるのです。

またこれだけではなくまだまだ知ることで効果的にハイボールを飲むことができる、中性脂肪が改善できる方法はたくさんありますので、しっかり継続して理解して摂ることが重要なのです。

中性脂肪 下げる サプリ

-中性脂肪 アルコール

Copyright© 中性脂肪を下げるサプリ人気おすすめランキングと効果・副作用の口コミ , 2018 All Rights Reserved.