中性脂肪のコラム

中性脂肪とコレステロール

更新日:

コレステロールと聞くと皆さんはどういったイメージですか。

動脈硬化や脳卒中を引き起こす体に悪い物質というイメージの方が強いかもしれません。

しかしコレステロールは体にとって必要不可欠なものなんです。

体内で不足すると免疫力の低下を引き起こす原因になります。

とは言え、やはり何ごともバランスが重要です。

いつまでも健康な体を維持していくために、コレステロールと上手に付き合っていけると良いですね。

そもそもコレステロールって?

簡単に言ってしまうとコレステロールとは脂質の一種で人間の細胞や内臓を構築する上でその材料になる成分です。

このコレステロールがタンパク質と結びつき、血液中に溶け込む事で、健康番組などでお馴染みの『悪玉』(LDL)と『善玉』(HDL)になります。

善玉コレステロールはコレステロールの回収係になります。

全身の組織で余分になったコレステロールを回収し、肝臓に戻す役割です。

一方の悪玉は全身の組織にコレステロールを運ぶ役割があります。

コレステロールは細胞の構成に必要な物質なので悪玉が少ないとその物質が不足してしまいます。

そういう意味では悪玉コレステロールも重要な役割を果たしているのです。

コレステロールと中性脂肪

コレステロールと中性脂肪はよく同じもので認識されがちなものです。

どちらも脂質という意味では同じですが、体内での役割はそれぞれ違います。

コレステロールが組織の構築に必要なのに対し、中性脂肪はエネルギーとして蓄えられ、必要な時に使われる脂質です。

血中脂質が高い方の原因としては3パターンあります。

①悪玉コレステロールの値が高い
②中性脂肪の値が高い
③善玉コレステロールの値が低い

血中脂質が高くなると、動脈硬化など命に関わる健康被害をもたらすことになります。

悪玉コレステロールや中性脂肪の値が高くなってしまう原因は肥満、喫煙、飲酒などが挙げられます。

善玉コレステロールの値が低くなってしまう原因に関しても同様です。

コレステロールの高い原因

コレステロールの値が高くなる原因は、食べ過ぎなどの食生活によるところが大きいです。

特に肉中心の食生活をされている方やコンビニの菓子パンなどをよく食べる方は要注意です。

しかしそんな栄養バランスを気にした食事をしている暇も余裕もないくらい忙しい!という方もいらっしゃるかと思います。

そんな方にはコンビニに売っているコレステロールの値をさげる食品がオススメです。

例えばちーかまなどの魚介の練り物の商品は低カロリーで高タンパク、血液をサラサラにする効果もあります。

お酒を飲まれる方も好きな方は多いと思いますのでおつまみにいかがでしょうか。

菓子パンが好き!という方には粒あんのあんぱんがオススメです。

あんこには糖質の吸収を抑えることができる食物繊維が含まれており、粒あんに特に多く含まれます。

一緒にトマトジュースを飲めばあんこの糖質をトマトがカットしてくれるのでオススメです。

脂質異常症って何?

血中脂質が増えすぎた時にかかる病気に『脂質異常症』というものがあります。

脂質異常症になると動脈硬化などの命に関わる健康被害をもたらします。

脂質異常症の恐ろしいところは特に自覚症状なく発症するという点です。

なので定期的な健康診断などで自分の健康状態をよく知っておくことが重要になります。

動脈硬化は脳卒中や心筋梗塞など命に関わる病気の原因になります。

手遅れにならないうちに、自分の体への理解を深めて食生活の改善を目指すことが大切です。

コレステロールを下げるには

健康な体を維持するためには基本的なことになりますが、バランスの良い食事を心がけましょう。

肉類中心の食生活をしている方はまずは見直しから、お酒をよく飲まれる方は一緒に食べるおつまみの種類を意識してみましょう。

飲酒に関してはそれ自体がコレステロールの上昇につながるわけではなく、酔っ払うことによる食べ過ぎが原因になります。

カロリーの高いものは美味しいものが多いですが、過剰摂取にならないように気をつけながら、また運動不足にならないようにお休みの日はお散歩などをすると良いかもしれませんね。

コレステロール対策をするときに

食事改善や運動によってコレステロール対策をする際には一つ覚えておいて欲しいことがあります。

それはコレステロールは体にとって必要な物質という点です。

高コレステロールは健康に被害を及ぼしますが、低コレステロールもまた然りということです。

コレステロールな体が高い場合は過剰摂取になりますが、低い場合は栄養不足になります。

栄養不足になれば当然ですが、体の免疫力は下がり、様々な病気の原因になります。

実際にコレステロールに値が低すぎる方よりも少し高い方の方が平均寿命が長いという意見もあります。

現在ダイエット中の方や食の細い方は注意しましょう。

コレステロールを下げる〜食べ物編〜

健康を維持するために、食生活は重要です。

コレステロールや脂質を下げる効果的な食材をいくつかご紹介します。

最も効果があると言われているのがサンマやアジの青魚です。

含まれるDHAやEPAなどの栄養素には血液をサラサラにする効果があります。

さらに体内の悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やす効果があります。

ナッツ類も効果があると言われています。

ナッツに含まれるオメガ3脂肪酸はコレステロールや中性脂肪の値を下げる効果があります。

おやつとしても手軽に摂取できるので良いですね。

その他には大豆製品や乳製品、野菜類も効果があると言われています。

コレステロールを下げる〜飲み物編〜

コレステロールを下げる飲み物として代表的なのはやはり青汁です。

多く含まれている水溶性食物繊維は悪玉コレステロールを減らす効果があります。

でも青汁は苦手な方も多いですし手に入れるのは簡単では無いですよね。

そんな方はコンビニで簡単に手に入るお茶類でもコレステロールを下げることが出来ます。

緑茶や黒豆茶に含まれるカテキンはコレステロールに吸収を抑えてくれる効果があります。

そのほかのお茶だとローズヒップティーなどもビタミンCが多く含まれているので効果的です。

お酒が好きな方には赤ワインがオススメです。

強力な活性酸素によって悪玉コレステロールの酸化を防いでくれます。

だからと言って『じゃあ沢山ワインを飲もう!』とお酒を飲み過ぎてしまえば当然健康を損なってしまうので飲みすぎには注意しましょう。

健康な食生活を送るために

人間は美味しい物を食べることで幸せを感じることができます。

街中にはたくさんの美味しいお店があり、最近ではコンビニでも美味しい食べ物はたくさんありますよね。

カロリーが高いものはやはり美味しく、レストランでメニューを見ていても、お肉料理に目がいってしまう事もあります。

私は無理な食事制限は逆にストレスになり体に悪影響を及ぼすことになると思っています。

でもやはりそればかり食べるのは自分の健康を損なうことにもなります。

無理はしないで、自分の体に優しいものも食べることを意識することが重要なのではないでしょうか。

最近ではコンビニでも体に優しくて美味しい商品はたくさんあります。

楽しみながら食事のバランスを考える事も出来ると思うので、まずは体に良い美味しいものを探すところから始めてみるのも良いかもしれませんね。

 中性脂肪 下げる サプリ ランキング

-中性脂肪のコラム

Copyright© 中性脂肪を下げるサプリのおすすめ人気ランキング2018|中性脂肪 減らし方 , 2018 All Rights Reserved.