中性脂肪のコラム

中性脂肪薬の選び方とポイントは?使う際に注意することはあるの?

投稿日:

15,003人がこのページを参考にしています。

■中性脂肪を減らす薬を使うならこれを知っておこう!
中性脂肪は、年々代謝率が加齢ととともに下がっていきますから、年齢が上がれば上がるほど増えてしまうことが多いですし、健診でこれに引っかかる方も多いですよね。
そんな方のために、ここでは、中性脂肪を減らしたい人が考える、そのための薬を使う際にどんなことを知っておくべきか、詳しくお伝えしていきたいと思います。

■中性脂肪を減らす薬はこんな風に選んで!
中性脂肪を減らす薬はどれを選んでも同じと思ってはいけません。
そこで、ここでは、中性脂肪を減らすための薬を選ぶ際のポイントをご紹介していきたいと思います。

①中性脂肪に働きかける有効成分が含まれているか
大正製薬は特に中性脂肪に効果のある薬を出しているメーカーとして知られていますが、そんな企業も取り入れているモノグルコシルヘスペリジンなどの成分は、中性脂肪の合成を肝臓内で抑える働きがあるので、こういった有効成分が含まれているかをチェックしてください。

②飲みやすいものを選んで!
薬は苦かったり、錠剤が大きすぎたり、はたまた粉末だと気持ち悪くなったりなど、人によって薬に対する好みはありますよね。
ですので、あなたに合った飲み方ができるものを選ぶことは非常に大切なポイントです。

③その薬簡単に飲める?含有量は十分?
中性脂肪に効果のある成分が入っていても微々たるものでは意味がありません。きちんと規定量がとれるのか、そして、飲む際に手間暇なく飲めるものなのかなどをチェックしましょう。

■中性脂肪を減らすのに効果的な薬の成分とその効果は?
これを知らなければ中性脂肪対策はできませんので、ここでは、中性脂肪に働きかける(効果のある)成分と、その効果を見ていきたいと思います。

①モノグルコシルヘスペリジン
血液の中の中性脂肪を低下させる働きがあるので、血液がドロドロになることも予防できますし、それによって冷え性などに悩んでいる方もそれを解決できます。
さらに、血液がサラサラになれば、血の巡りが良くなり、代謝もアップするので、さらに中性脂肪を減らす効果が得られます。

②DHAやEPA
中性脂肪に働きかける成分といえば、青魚などによく含まれているクリルオイルですが、その中にはDHAやEPAなどの成分が含まれています。
これらが中性脂肪を減らすのに効果的な成分ということは知られており、サプリなどでもよく利用されいますので、要チェックです。

③レシチン
リン脂質という、実は、中性脂肪と同じような脂質の1つがこのレシチンです。
ですが、普通の脂肪とは全く異なる働きをするのが特徴で、その働きの1つが乳化作用、これによって体にある老廃物を体外へ排出する働きがあり、こちらも中性脂肪に効果的な成分なのです。

■中性脂肪を減らす薬にはどんな特徴があるの?
中性脂肪を減らすための薬には様々なものが出ていますが、一体どんな特徴があるのか、それについてもあらかじめ知っておきましょう。

①様々な種類がある
中性脂肪を下げる薬は病院でもいろいろな種類のものが処方されているので、一概にあなたが使うべきものはこれだと、決めつけるのは避けましょう。
医師に相談することで、あなたに合ったものが見つかります。

②副作用があるものもある
薬には元来副作用が伴うことがほとんどです。
中性脂肪薬にもそれがいえるので、服用後に手足のしびれなどを感じたら、それは副作用かもしれないと思い、使用を控えるようにしましょう。

③ほとんどの中性脂肪薬は処方されなければいけない
中性脂肪対策のサプリはたくさんありますが、薬というのは、病院に行って処方してもらわなければいけませんので、市販ではほとんど手に入らないという特徴があります。
ただし、大正製薬の中性脂肪薬は、市販でも手に入るなどの例外もあります。

■中性脂肪を減らす薬を使うデメリットも
そもそも薬を使うということに対してもデメリットがありますが、中性脂肪を減らすための薬を使うことでどんなデメリットがあるのかも事前にここで学んでいただきたいと思います。

①市販で売られていないことが多い
ほとんどの場合、上記のように処方が必要となり、ドラッグストアなどで気軽に買える薬ではありません。

②副作用があることも
足のしびれだったり、呼吸困難を起こすなどの副作用を伴うことがあるので、自己判断での使用は控えた方が良いでしょう。

③費用が掛かる
当然薬はただで手に入りませんし、中性脂肪薬は、基本的に病院で処方してもらうものとなりますから、お金も時間も手間もかかってしまうというデメリットがあります。

■中性脂肪を減らす薬を使えばこんなメリットが
デメリットだけでなく、もちろん中性脂肪を減ら住薬を使うことでメリットも得られますので、一体それはどんなものとなっているのでしょうか。

①中性脂肪を減らせる
当然、中性脂肪薬ですから、中性脂肪を減らすことができ、健康体をキープできます。

②他の病気も回避できる
特に、中性脂肪を減らせれば、現代人が多くかかる生活習慣病なども予防できる効果があります。

③ダイエットもできる
中性脂肪が減れば、特に加齢による体型の衰えを改善することができる、つまり、ダイエット効果も得られます。

■中性脂肪を減らす薬に副作用はある?利用時の注意点は?
薬を使う際には気になることが副作用でしょう。
では、中性脂肪を減らす薬には副作用があるのか、それはどんなものか、そして利用する際に気を付けなければいけないことも見ていきましょう。

①中性脂肪薬には副作用がある
どんな薬にも副作用はあるのが通常で、中性脂肪薬にもあり、体のしびれなどを感じることがあります。
そうならないためにも、医師に使用前に相談するのがベストです。

②あなたに合ったものを使おう
先述したように中性脂肪薬には様々な種類がありますから、あなたの今の体の状態に合わせたものを使うことで、副作用も抑えられます。

③使用量は絶対に守ろう
サプリであっても薬であっても、必ず使用料を守らないと、体には負担になりますので、これは必ず守ってください。

■中性脂肪を減らす薬を最も安く購入するならこの方法
薬は飲み続けなければ意味がないことが多いですから、中性脂肪を減らすための薬も続けるためには、コストも抑えられた方が良いですよね。
そこで、ここではそれを購入する際に安くゲットできる方法をお教えしましょう。

①市販がいい?
市販でも売られていることもあるので、試すのは良いですが、副作用の心配は避けられないので、あまりおすすめしません。

②Amazonや楽天は?
市販されていないことも多く、サプリではないので、インターネット通販で売られているものにも限りがあります。

③公式サイトではなく病院へ
中性脂肪薬は一般に市販もされていることが少ないので、公式サイトももちろんそんなにありません。
ただし、大正製薬であれば、Web定期便もやっていたりと、お得に購入できるので要チェックです。
そのため、病院で処方してもらうのが1番の解決策です。

■中性脂肪を減らす薬はどんなタイミングで飲むの?
中性脂肪を効率よく減らすためには一体どのタイミングで薬を飲むのがベストなのか、そして正しい飲み方はどんなものなのでしょうか。

①飲み方は薬に従って
当然ですが、飲み方は支持されたとおりに飲むことが大切です。
基本は水かぬるま湯で飲むのがベースとなります。

②食後に飲もう
食後に飲むことで、摂取したカロリーやコレステロールなどを抑えられるのでそうしましょう。

③絶対にカフェインなどと飲まないで!
水かぬるま湯で飲むと、薬の味をダイレクトに感じるということで嫌な方もいます。
そのため、味のついたもので飲む方もいますが、それが副作用をもたらすこともあるので、絶対にやめましょう。

■中性脂肪薬は様々
中性脂肪を下げるための薬は様々あり、あなたに合ったものを見つけるには医師の力を借りるべきですが、「とりあえず」対策で使うのであれば、大正製薬などで売られ知恵る市販のものを使って試してみましょう。
体に負担なく中性脂肪薬を使うならば、まずは医師に相談してください。

-中性脂肪のコラム

Copyright© 中性脂肪を下げるサプリ人気おすすめランキングと効果・副作用の口コミ , 2018 All Rights Reserved.